「真景 累ヶ淵」を読む  八・新吉の改心、そして鎌

主な登場人物

  • 新吉    : お久を殺した。甚蔵に世話になっている。
  • 土手の甚蔵 : 羽生村の悪党。
  • 累     : 三蔵の妹。
  • 三蔵    : 質屋の主人。お久の叔父。
  • お久    : 江戸から新吉と逃げてきたが、新吉に殺される。

 

あらすじ

 お久の死体が上がり、それを叔父の三蔵が引き取り葬儀を済ませる。新吉もその話を聞き、墓のある法蔵寺へとお参りに行き、これからはここでお久の菩提を弔い生きていこうと決意をする。

 そこへ三蔵の妹累が下女を連れて墓参に来る。一目見て累は新造に悪しからぬ感情を持つ。

 

 その頃、甚蔵が、質屋の三蔵を訪ねる。例の鎌を見せて、取っ手にある三の焼き印はお前のところの鎌だろう、これがお久の殺された辺りに落ちていた、黙っていてやるから二十両寄越せ、と三蔵を強請り、金二十両をせしめる。

 

 そんなとき、累は鉄瓶をひっくり返して顔に大火傷を負ってしまう。奇しくもそれは、豊志賀と同じ箇所であった。

 

 

雑記

 永らく空きました、申し訳ありません。

 ここからが、第2章の始まりです。新吉は甚蔵のところへ食客と言うか居候のように留まることに。

  お久の死体は、叔父の三蔵が引き取り、回向をいたします。この三蔵、父親の代からの質屋を継いでその二代目、先代の三右衛門は金二十両を元手に質屋を始めた、と。 

 皆さん、覚えてますか? 皆川宗悦を殺めた深見新左衛門が、金二十両をやって亡骸の処分を頼んだ小間使いを。秋葉の原に宗悦の亡骸が入った籠をおっ放って国許へ逃げちゃった人を。

 そう、その三右衛門なんです。三蔵は、その息子なんです。ここでまた、登場人物の糸が一本繋がりました。

 

 話を新吉に戻します。

 お久が三蔵のところで弔われたと知って、新吉は在郷の者に菩提寺を聞き、墓参に向かいます。三蔵のところへ直接聞きに行けなかったのは、バレていないだろうとはいえ自分がお久を殺したから、でしょう。

 新吉は、これからここでお久の菩提を弔って生きていこう、と改心をします。いままででわかる通り、新吉は弱い人間です。優柔不断です。その場で感じた弱気に流されます。

 こういうのは母性本能をくすぐるのかなんなのか、得てしてモテます。しかも色白の優男。たまたま墓参に来たお久と所縁のあるお嬢様と出会します。このお嬢様も江戸へ長く奉公に出ていて、土地の言葉に馴染めないらしく。

 そんなところに繁みから蛇が現れる。飛び退くお嬢様、それをしっかり支える新吉。みつめあう目と目、そりゃあお前、たんめ(以下略

 そして降りだした雨の中、寺で番傘を借りてお嬢様をお屋敷、三蔵のところまでお送りする。お嬢様は日に日に想いが募る。恋の病、というやつですね。

 

 そんなある日お屋敷に、土手の甚蔵が訪ねてくる。なんでも三蔵に質入れもらいたいものがあると。出てきたのは、鎌が一本。これで二十両貸してもらいたい。まあ甚蔵のことなんで返す気なんて全く無いでしょうが。

 この近在の農家なら何処にでもあるような鎌に二十両を出せというのはいくらなんでも無理だ。当然ですね。

 ここで甚蔵の講釈が始まります。

 この鎌の柄のところに三蔵さんのところの持ち物である印の焼き印がある。

 この間、お久さんが殺された日に、俺はその現場を見ちまった、そしてその時この鎌を拾った。殺した奴の顔は残念ながら見ちゃあいない。

 だがそんなことはそんなに重要じゃない、人殺しの現場に三蔵さんの鎌が落ちていた、お久の亡骸を引き取って弔ってやったのも、なにか見られちゃ困る証拠でもあったんじゃないか、俺はそう言いふらして歩いてもなにも構いやしない。

 なぁ二十両、出す気になったかい。

 

 真犯人を知りながらこの恐喝、クズと呼ぶに相応しい。ね、だんだん胸くそ悪い話になってきたでしょ?

 真実かどうかは問題じゃなくて、悪い評判が立つ方が商売には怖い。やむを得ず甚蔵に返る宛の無い金二十両を貸す三蔵。

 そんなことがあったなどとは露知らず、墓で一目惚れした新吉に恋い焦がれる三蔵の妹、お累。そんなところに、家の中に出てくるには大きい蛇が目の前をよぎる。驚いて飛び退くお累。部屋を飛び出し駆け出す、囲炉裏に躓く、囲炉裏には煮立った湯を湛えた鉄瓶が。

  お累は顔の左半分に大火傷を負ってしまいます。そう、豊志賀の痣と同じ箇所です。呪いはまだまだ続いています。

 

 

 今回は状況説明ばかり、あらすじの焼き直しになってしましました。

 次回は、どこまでですかね、この先、このお話のイベントがかなり詰まっております。そうさ、大きなイベントが3つくらいあります。

 行けそうなとこまで行きましょう。

 

 あんまり間を開けずに書きます。

 

ついったーで書いた、オール沖縄ロケのお話のリンク

以前、Twitterのほうで連投したお話をこちらにも置いておきましょうね。

珍しくあとがき的なもの、というかロケ先のご紹介もあります。

 https://twitter.com/shoes_sox/status/1043289540578836480?s=20

 

 

なぜ私が同窓会に出たくないのか

 同窓会、行きたいと思いますか?

 私はイヤです。中学校でも、高校でも。特に中学校は、絶対に行きたくない。

 楽しい思い出はあります。初恋の子もいます。でもそれ以上に、顔も見たくない奴らがいるので。

 せっかくなので、ここで一気に吐き出してしまいますか。

 

 あ、ここから口調が変わりますが気にせずに。

 

 大学生の頃、私は実家からすぐの古アパートの四畳半一間を自分の部屋として充てがわれていた。その部屋は道路に面してい、表のちょっとした物音も全て聞こえてしまうような部屋だった。

 ある日の夜、部屋を強くノックする音が聞こえた。誰だ、他人なんか滅多に訪れることなどないのだが。年代物の、ベニヤでできた扉を開けると、男が三人立っていた。

 私はこの三人を知っている。同じ中学校の同窓だ。ただし仲が良い訳ではない。というか全く接点が無かったのだが。なんで訪ねてきたんだ? いやそもそも何でこの部屋を知っているんだ?

 何どうしたの、と言いかけたところで、

「おい、ちょっと来い」

 と、三人のうちのSという奴が怒気を含んだ声をかけてきた。こいつとは一時期同じクラスだったことがあった。しかし奴は懐かしさも何もない、私の顔すら知らない素振りだった。

 Sが前に立ち、残りの二人が脇を固めるように表へと連れ出されると、一台の車が停まってい、その後席に両脇を固められたまま押し込まれた(つまり後席の中央に座らされているわけだ)。

 車の中にはもう一人、Mがいた。こいつとは同じクラスだったし、ほんの僅かの間だったが、同じクラブにいたこともあった。Mはこちらに蔑むような一瞥をくれると、何も言わず前を向き直した。

  Sが口を開いた。

「てめぇ、スクーター盗んだろ?」

 はぁ? 何を言ってるんだこいつ? 仮にもお前、同級生だぞ、いきなりどういうことだ。Sが続けた。

「この間、Mのスクーターが盗まれてよ、ここに乗り捨ててあったんだよ。それで引き上げに来たらよ、そこの部屋の窓、てめえの部屋だな、そこが少し空いててめえがこっちを見てたんだよ。てめえが盗んだから気になって覗いてたんじゃねえのか?」

 ……この感情は何だろう。怒り、悲しみ、哀れみ、虚無感。中学校を卒業してから何年かを経て、ひとの部屋に来たかと思えば泥棒扱いか。そもそも、だ。私は当然盗んじゃいないし、部屋の前でガタガタやってたら何事かと覗くのは普通ではないか。そう弁明したのだが。

「お前が盗んだんだろ、おい!」

と全く聞く耳を持たない。

 

 奴らの力関係は分かってきた。Mの家は、この辺りの土地持ちだ、いわゆる名家だ、金はある。時折家の前に菊の絵が描いてる車が停まっているような家だ。S以下三名は、Mの家来だ。本人たちは友達と思っているのかもしれないが、明らかにMの手下だ、金魚のフンだ。

 

 私が盗む訳がない、バイクなら400ccのを持ってるし、スクーター「なんか」盗んで乗り回す理由がない。それでも私が盗んだというなら、指紋でもなんでも取ればいい。とりあえず警察に行こう。返ってきた言葉は、

「泥棒が何偉そうに騙ってるんだ、あぁ?!」

 本気で悲しくなってきた。同級だってのに顔も忘れたのか? 中学時代の私は、スクーターを盗むような奴だったか?

 奴らは警察に行こうなどとはしなかった。いや警察に行く気など毛頭無いのだろう。ただただ、私を問い詰めるだけだ。少し、身の危険を感じてきた。このまま車が走り出し、埠頭にでも連れていかれたら。海にでも突き落とされたら。両脇を固められている、逃げ出すこともできない。ヤバいかもしれない。

 とにかく私は、警察に行こう、の一点張りで通すことにした。Mはここまで振り向くこともなく、何も言わず、下っ端にすべてを任せている。外の気配を感じて窓を開けて見ただけで泥棒扱いなど理不尽すぎる。いいから警察に行こう、何ならここへ呼んでもらったっていい、何か呼べない理由でもあるのか。

 

 Mがゆっくりとこちらを向いた。色白の顔に表情は全くない。

「わかった、とりあえずわかった。おい、表に出してやれ」

 何がわかっただ、この野郎。ひと疑っておいてその態度は何だ。大物ぶってんじぇねえぞ、とまで言いかけたところで、放り出されるように車外へと引き出された。

 去り際、Mが言った。

「何かあったら、また来るから。その時はよろしくな」

 その間、Sはだだただこちらを睨みつけていた。一発ぐらい殴りたかったんじゃないだろうか、泥棒という悪人を殴りつける「正義」に酔いしれたかったんじゃないだろうか。

 

 部屋へ戻ると、悲しみが襲ってきた。

 泥棒扱いされたこと。それも同窓の奴らに疑われたこと。そして何よりも、同じ中学校の同窓だというのに、私のことなど見たことも会ったこともない、という態度だったこと。

 その悲しみがふつふつと湧き上がる怒りに変わるまで、そう時間はかからなかった。

 あいつらだけは許さない。たとえ友達面して寄ってこようと、よしんば、あの時は悪かった水に流そうと言ってきたとしても。まあ言うわけはないだろうが。二度と顔も見たくない。Mの家が没落すればいいのに。

 溢れ出る負の感情は二週間ほど湧き出し続け、今の今まで燻っている。

 

 

 

 と、そういうわけで、同窓会なんか行きたくないのです。

 昔の仲間たちに会うのはきっと楽しくない。皆幸せだろうから。

 初恋の人なんか来るわけない。きっともう遠い土地で幸せにしているだろうから。

 と、思い込むことにしています。

 

 そして、奴らの面なんか見たくもない。したり顔で寄ってきたらつばでも吐き掛けたくなるでしょうね、きっと。

  

 まあそれ以前に、今まで誘いが来たこともないのですけれども。

 ああ、嫌だ嫌だ。

 

 

 

「真景 累ヶ淵」を読む  七・土手の勘蔵

主な登場人物

  • 新吉    : 煙草屋の惣吉の甥。豊志賀の若い燕だった。
  • 土手の甚蔵 : 羽生村の悪党。
  • 清     : 羽生村の村人。
  • 豊志賀   : 死亡。新吉に祟る。
  • お久    : 江戸から新吉と逃げてきたが、新吉に殺される。

 

あらすじ

  なんとか逃げてきた新吉は、甚蔵の家と知らずに灯りのついた家に飛び込む。男が一人、同じように雨宿りをしていて、家主はいま留守だと言う。

 その話の最中に甚蔵が帰ってきて、今しがた土手で人殺しがあったこと、恐らくは犯人であろう奴と取っ組み合いになったことなどを話し始める。

 同じく雨宿りをしていた、清と呼ばれた男が帰ったあと、甚蔵は血糊のついた鎌を新吉に見せ、人殺しはこれで殺しやがったと新吉の前に投げて寄越す。顔色を変える新吉。

 甚蔵は新吉に、行く宛がないならここで寝泊まりをすればいい、俺も江戸は本郷菊坂の生まれだから江戸者は懐かしい、どうせなら兄弟分になろうと持ちかける。新吉は頼りとなるお久が居なくなってしまったので、それを承諾する。

 兄弟分になったからには、良いことも悪いことも打ち明けなければならない、と甚蔵。

 

 やいてめぇ、殺しやがったな。

 

 勘蔵は、兄弟分ならすべて話せ、さもなければ代官所へ引き渡すと、新吉を脅す。

 止む無く新吉は、お久を殺すに至った経緯の一切合切を話す。

 物盗り目的ではない、一文無しだと知って勘蔵の期待は外れたが(しかも幽霊憑き)、仕方なく新吉を家に置くことにする。

  そして、一晩明けた。

 

 

雑記

 豊志賀からお久殺しの顛末までが第一章、とすると、このあたりのお話は第一章と第二章の橋渡し的なお話です。

 勘蔵、という悪党が登場します。悪党、というかまあチンピラですね。土手で新吉と取っ組み合いをした、あの男です。

 

 新吉がお久を殺すところを見ていたかもしれない、見ていないまでも、誰かが女を殺したくらいは知られている。そんなのに捕まったらえらいことなので新吉は必死で逃げる、灯りがついた家があるので助かった、しかしそこには先客が。

 いつまでも留まっているわけにはいかない、そのままこの家にいて頃合いを見てお暇するより他はない。と思っているうちに家主が帰ってくる。なんとか逃げ出さないと。

 新吉には気が気じゃない。とっとと逃げ出したい訳です。そうしたら、家主、名は土手の勘蔵と言うのだと、あまり筋の良い人間ではないと、先客の清と呼ばれる地元の男が教えてくれます。この清という男も、どうも真面目な男では無さそうです。

  戻ってきた勘蔵が、土手であったことを話始めます。女が殺されたらしいこと、その犯人らしい男と取っ組み合いになったこと。もう間違いない、さっきの男はこの勘蔵ですね。

 

 清が帰って、さあ新吉と勘蔵が二人きり。勘蔵が目の前に鎌を投げて寄越す。取っ組み合いをした辺りに落ちていた、この鎌は村のもんが使う鎌だが野郎これで殺りやがった。まあ、冷や汗ものですよね、凶器が出てきちゃったんだから。

 ついさっき。

 土手で。

 お久を滅多切りにした。

 あの鎌が目の前にある。

 

 土手の勘蔵、新吉に、この雨だからとりあえず泊まっていけと。行く宛てがないのなら(そりゃそうです、親戚がいるって言ってたお久を殺しちゃったんですから行く宛てなんかありません)、ここにずっと居たって構わないと。自分も江戸は深川の生まれだ、江戸の人間は懐かしいと。優しく言われるわけですね。

 で、兄弟分二なろうと持ち掛ける、兄弟分になる、兄弟に隠し事があっちゃいけねえ。それで、あの台詞なわけです。勘蔵、かなり狡猾です。新吉も代官所に突き出されたくないから全部喋るより他無い。豊志賀に祟られていること、お久と駆け落ちをしてきたこと、途中でお久の顔が豊志賀のようになった(なったように見えた)こと、恐怖でお久を殺してしまったこと……。

 

 思惑とは違う形ですが、新吉は羽生村に居付くことになりました。

 ここからが、第二部の始まりです。

 正直、胸糞悪い話になりますので、お読みの方は若干の御覚悟を。

 

 それでは次回まで。

 次回のタイトルは、「鎌(予定)」です。

地面にあいた穴に

小石を落としてみた。

 

空にあいた穴から

小石が落ちてきた。

 

今度は地面にあいた穴に

少し大きな石を落としてみた。

 

やはり空にあいた穴から

少し大きな石が落ちてきた。

 

地面にあいた穴に

卵によく似た石を落としてみた。

 

空にあいた穴から

卵が落ちて、割れた。

 

 

のっぺらぼう

 ボルドー色のパンプス以外に、その女性のことが思い出せない。

 ついさっきまで、ホテルに一緒にいたというのに。どんなコートを着ていたのか、髪はロングだったかショートだったか、どのような肢体であったか、どんな声だったか。顔さえも靄がかかったようにぼやけて、何の印象も残っていない。

 帰り道に、コンビニに寄る。その時の店員の顔はどうだったろうか。太い黒マジックで乱雑に塗りつぶされたようで、顔かたちをまったく覚えていない。彼、いや彼女だったか、そもそもそこからなのだが。制服くらいしか覚えてはいない。だがまあ、買い物に不都合はない。

 道すがら考える。皆、顔を覚えていない。顔が無いのと一緒だ。だがそのことで何か不都合があるか? ボルドーのパンプスも、コンビニの制服も、すべて俺の必要とする要件を満たしてくれている。顔が無くとも問題無いではないか。

 ふと、小泉八雲の『怪談』を思い出す。そう、行く先々で顔の無いのっぺらぼうに出会う、ムジナの話だ。顔の無い人たちと出会う点では、今の俺と状況は全く変わらない。では、俺の体験は『怪談』なのか?

 

 馬鹿げている。俺は一人ベッドに横になり、天井を見上げてそう呟いた。

 

 怪談でも何でもない、都会に生きていれば、すれ違いに出会う人なんて顔を覚える必要もない。仕事先だってそうだ。座っている場所と名前、後は体型くらいで誰かを認識しているじゃないか。少なくとも俺はそうだ。あとは社内のチャットで事足りる。クライアントなんて下っ端の俺じゃ、メールでしか知らない。

 顔なんか、要らないじゃないか。俺は布団に包まり、浅い眠りに就いた。

 

 翌朝、低気圧でも近づいているのだろうか、重苦しい気分で目を覚ます。無性に頭が痛い。

 眠気覚ましに顔を洗い、何の気無しに鏡を覗く。鏡の中には、靄のかかったような、太い黒マジックで乱雑に塗りつぶしたような顔が映っている。

 

 お前は、誰だ?

 まったく印象に残らないのだ。

 

 

 

 

  

「真景 累ヶ淵」を読む  陸・お久と新吉

主な登場人物

  • 新吉    : 煙草屋の惣吉の甥。豊志賀の若い燕。
  • 久     : 羽生屋の娘。豊志賀の弟子。
  • 甚蔵    : 羽生村の悪党。
  • 豊志賀   : 冨本節の師匠。死亡。

 

あらすじ

  豊志賀の葬儀も済み、新吉は豊志賀への負い目からかあの書き置きのせいか、日があれば墓参をしている。ある日そこへ偶々お久と出会う。その顔を見ると以前と変わらぬ可愛らしい顔で痣の一つも見えない。

 お久は、あれからも継母が辛く当たり、最近では打擲されるので耐えきれない、もう下総の親族のところへ逃げ出そうかと思っていると。新吉、それでは私と一緒に逃げようと墓からそのまま下総国羽生村へ向かう。途中松戸で宿を取り、水海道を経て渡しで川を渡り土手を進むうちに夜の闇。ちょうど「累ケ淵」の辺りに差し掛かる。

 深い夜の闇、振りだした雨。いつの間にやら雷鳴も鳴り響く。どうした拍子かお久は足を取られ土手から転げ落ち、偶々落ちていた草刈鎌で足を切ってしまう。大丈夫か歩けるかと新吉。怪我のところを手拭いで縛り、肩を貸して歩き出そうとすると、お久は、こんなに優しくしてくれるのを、でもこの先が心配だ、新吉さんは佳い男だからきっと私なんて捨ててしまう。あなたは捨ててしまうような人だから。

 なにを言い出す、そんな訳あるものか。

 いいえ見捨てるよ。

 

 だって私の顔はこんなになってしまったもの。

 

 お久の顔に出来物がぽつり、それがみるみる広がって、豊志賀に瓜二つとなる。新吉、我を失い手近にあった草刈鎌を振り回しお久を滅多刺し、頚へ刺さったのが致命傷となってお久は絶命する。

 新吉が動転して逃げようとするところ、追っ手から逃れて隠れていた悪党・甚蔵に見つかってしまう。互いの顔もわからぬような闇の中、二人は泥にまみれて取っ組み合う。

 すぐ先に雷の落ちたのをよいことに、新吉は必死で土手を逃げ、ただ一軒、灯りの点った家へと転がり込む。

 その家は、甚蔵の家であった……。

 

 

雑記

 前半の山場、「お久殺し」です。

 豊志賀が呪いのような書き置きを残して死に、一抹の不安を感じながらも、取り敢えずは解放をされた新吉。豊志賀の墓参りでバッタリ会ったお久とともに逃げ出す決意をします。

 取るものも取り敢えず下總国羽生村を目指す二人。松戸の宿で宿を取り、……どうですかね、二人はここで深い仲になったんだかどうだか。お久が足を怪我したあたりの台詞で、そんなことを匂わせてはいます。

 鬼怒川の渡し、土手を歩くころにはもう薄暗く、曇天垂れこめ、ぽつりぽつりと降る雨の、いつしか篠突く雨となり。濡れた草、っていうのは存外滑るので、お久が足を滑らせて転ぶ、転んだ先には誰が忘れたか草刈鎌、足を深く切ってしまい、歩くのもままならず。

 お久は傷が深いのか、なかなか立ち上がれない。

 怪我をして歩けないお久の傷口の上を手拭いで縛り、肩を貸して何とか村まで行こうとする。新吉は、結構いい奴なんですよ、この辺りまでは。しかも佳い男。

 

 豊志賀が嫉妬に狂い、祟るのも分かる気がします。

 

 お久は弱気なことを言い始める。たとえあなたと一緒に行ってもあなたは佳い男だからきっと他の女に惚れられるとそっちへ行ってしまう。あなたは私を捨ててしまうよ。

……何か、どこかであったような。どこかで聞いたような。

 見ればお久の顔が腫れ爛れて豊志賀の顔に。新吉の膝に手を置いて恨めしそうに見上げている。そりゃあ驚きます。我を忘れて、手近の鎌を手に取って豊志賀(?)に向けて滅茶苦茶に振り回します。

 お久はお久で、なんのことかさっぱり理解できないでしょうね。一緒に逃げよう、とまで言ってくれた男が突然鎌を持って振り回し始めるんですから。

 そのうちに首筋への一撃。これが致命傷となって、お久はこと切れてしまいます。

 雷鳴轟く土砂降りの雨の中、血塗れの草刈鎌を握り締め、恐らくは返り血を浴びて立ち尽くす男。稲妻が時折、その男の影を浮かび上がらせる。

 

 そして新吉は立派な人殺し、となります。

 

  これはえらいことをした、逃げなければ。土手の草、粘土はこの大雨でよく滑る。そんなところを転げるように逃げる新吉。そうしたところに甚蔵という男と鉢合わせをする。賭場に手入れがあって、ほとぼりが覚めるまで土手の草むら(ボサッカ、と言うそうです)に潜んでいたが、足を滑らせて転げるようにしてきた新吉と鉢合わせます。とは言っても暗闇で、互いの顔なんぞ分かりはしない。

 まだ気が弱いし肝も座っていない新吉なので、まずはこの場から逃げたい一心、肝が座ってれば一緒に殺してしまう、なんて頭もあったのでしょうが。

 この二人で、逃げる、追うの取っ組み合いとなる。結果としてなんとか逃げきった新吉、ただ一軒だけ灯りがついた家があるので助けを求めてそこへ転がり込んだ。その家っていうのが甚蔵の家で……。

 

 というところまでですね、今回は。甚蔵は、これからなにかと絡んできます。というよりもここからの話の重要な位置を占めます。そして新吉も感化されるように、業の渦に巻き込まれていきます。

 

 ここから先はあまり怪談っぽくなくなっていきます。一人の男が荒み、堕ちていくという、いやーな話が待ち構えております。

 

 それでは次回まで。