友を訪ねる

 八月も旧盆を過ぎる頃。暑さもその表情を少しづつ変えていく。ぢりぢりと灼きつける日差しに変わりはないが、重く纏わりつく湿気は薄れ、次第に空の青も深く高くなり、絹雲のひとひらふたひらが、または寄り添い、または千切れてゆっくりと空を渡っていく。それは流れに浮かぶ泡沫に同じ、かつ消え、かつ結びゆく。
 夕べにもなれば、高くなりつつある空は羊や鰯を従えていく。油蝉のイラつく鳴き声は音を潜めて、涼風を運ぶようなヒグラシの声が渡っていく。陽はまだかろうじて西の空を赤く染める頃合い、高速バスはこの町に滑り込んだ。

 古い友の家を訪ねようと、この町に来た。高速バスは、この町の中心となる駅で最後の客を降ろす。高い山の麓に開けたこの町は、山肌に張り付くように広がってい、駅はその起点ともなる、最も低い位置にあった。必然、街の中心街へは坂を上っていくことになる。だからこの時期は、この時間のバスを選んだのだ。日中に到着するなど以ての外だ。しかし、標高が高いこともあって、この町を渡る風は都市のそれよりも穏やかで心地よい。

 友はこの町に腰を落ち着け、趣味の絵を描いて暮らしていた。私たちの仲間内では最も絵の才能に恵まれていたし、都会で活動をしても十分やっていけるはずだったのだが、この町が性に合っているんだ、絵はあくまでも趣味でいいんだよ、と言ってここから出ることはなかった。

 駅前の商店街で手土産を買い、坂道を上る。旧街道を横切りしばらく進んだあたりから、左に折れると古い街並みが続き、さらにその先、木立に囲まれた古い寺に突き当たる。その裏手が友の家だ。気合とも溜息ともつかない息を吐き、少しだけ急になる坂を上っていく。

 物静かだったが、人と話すのが好きだった。私の記憶の中の友は、そんな男だった。おおよそは私たちの馬鹿話の聞き手に回ってくれ、時折、私たちの心の中を見透かすような一言を、誰を傷つけるでもなくそっと言ってくれ、私たちははっとなって互いの顔を見渡したりもした。

 日を置かず、二通の手紙が彼の住む町から届いた。一通は彼からの暑中見舞い。こっちの夏は都会より涼しいだろうから、たまには遊びに来ないか、と書かれていた。そんなこと今まで書いてきたこともないのに、どういう風の吹き回しなんだろう。まあ考えておくかな、と思い、そんな思いも忘れかけていたころ、もう一通の便りが届いた。

 坂の上から、涼やかな風が吹いてきた。お寺の境内から、子どもたちが弾けるように駆け出して、少し先の路地へと入っていった。彼がよく絵のモチーフにしていた子どもたちそのままのようでもあった。周りの山が高いこともあり、日は大分陰ってきたそんな頃、私は彼の家に着いた。。

 

 彼は仏壇の中で私を待っていた。私たちの記憶にある、あの優しい笑顔のまま迎えてくれた。

 

 すっかり日も暮れたころ、彼が大好きだった景色がある、と、彼の奥方が私を庭へと誘ってくれた。彼がこの町を愛して止まなかった理由の一つだと。ぜひあなたにも見てほしいとのことだった。いつもあなたのことを楽しそうに話してたんですよ、そんな人にはぜひ見てほしいと。

 庭に出てまず目に入るのは、少し小高いこの家から見える街の全景。煌びやかではないが輝石をくぼみに集めたかのような光の塊が目に飛び込んできた、美しい、素直にそう思えた。彼がこの町を愛した理由はこれか。

 

 振り返ってみてください、と奥方の声がして、その通りに振り返り、私は息を呑んだ。

 

 この町は高い山の麓に開けた、山肌に張り付くように広がっている。すっかり日が落ち、山はすでに闇に溶け込んでいる。その山肌に、人々の暮らしの証が燈り、輝いている。それはあたかも、街が夜空へ駆け上がろうとしているように見えた。
 私は飽くことなく、その風景を眺めていた。一筋流れる涙を拭う気も起きぬほどに。

 


nina_three_word.

Including
〈 足元 〉
〈 泡影 〉
〈 表情 〉

--印象--

豊漁

 ある日。
 シーラカンスが大量発生した。どのくらい大量かというと、一度網を刺せば小型船では捌ききれないほど。海を覗けばその深い藍色の中、ごつごつとした鱗を輝かせた巨体が見渡す限りに群れを成しているほど。
 すぐに各国の海洋学術調査隊が派遣され豊漁の原因を探ろうとしたが、正直それどころではない。近場の港という港に、シーラカンスが千万という単位で揚がってくる。当面の問題は原因の究明などではなく、これをいかに捌くか、だった。
 捌くにあたって、困った事態があった。不味いのだ、この魚。食べても全く美味しくない。貧しい者たちは腹を満たすため、止むを得ず食べた。一緒に食べたパンの屑が、籠に集めると12籠にもなったかどうかは知らない。
 生きた化石だ、学術的に貴重なものだ。市民団体が保護を訴えるが、別にこいつらの寿命が三億年四億年であるわけでもない、これだけ水揚げされる以上、所詮単なる魚ではないかといった皮相的な意見に彼らは圧されていった。
 豊漁の噂を聞きつけ、日本人がやってきた。大して美味しくもないこの魚を、煮る焼く蒸す揚げるあらゆる技法を凝らし、2年とかからず誰の口にも美味と思えるような料理に仕上げ、世界の人々はこぞってそれを食べた。また、その身を塩漬けにして干し、鮭に代わる加工品として年末の贈答品として珍重された。
 しばらくして中国人もやってきた。彼らは油で揚げて、甘酢のあんを掛けた。どうやら北京から来たらしい。日本人が掛けた月日のおよそ半分で、人が食べられるほどにはなった。
 最後に印度人がやってきた。彼らは三か月と経たず、カレーに仕上げた。

 そして世界中の街でシーラカンスの料理が並んだ。

 

7年も経ったころ。
 シーラカンスは、ぱったりと獲れなくなった。あれほど海を埋め尽くしていた魚影は見る影もなく、網を刺しても全くかからなくなった。それでも時折かかる一匹二匹は珍重され、全世界の美食家たちがこぞってその希少な魚体を買い求めた。
 海洋学術調査隊は、絶滅の危機に瀕しているのでは、と警鐘を鳴らしたが、人々はその味を(大して美味くもないのだが)、そしてそれが生み出す経済効果を知ってしまった以上、あとへは引けなくなっていた。個体の絶滅よりも、我ら人類の同胞が飢え死にしないこと、である。回りだした車輪は止められないのだ。

 

 およそ獲り尽くされたであろうかといった夏の日、大海原にシーラカンスの魚影があった。比較的海の浅いところを悠然と泳ぎ、しばしのち、深い藍を湛えた海の奥底へ、ゆったりとその姿を消していった。

 


nina_three_word.

Including
シーラカンス

ゲームの時間


司会:「”神経衰弱ポーカー”、開始しましょう。それでは先攻から」

先攻の男、任意に2枚の写真を選ぶ。1枚目には背広姿の30代男性、2枚目にはちょっとチャラい男性(色黒)。

先攻:「……同年齢、彼女アリ、同棲中」
司会:「ジャッジ、スリーペア! それでは後攻」

後攻の男、同様に2枚引く。1枚目はベンチャー企業の社長風男性、2枚目は40代既婚女性風。

後攻:「出身高校が一緒、両親が健在、バツイチ、……総武線沿線在住」
司会:「ジャッジ、スリーペア! スリーペア同士なので、手役から先攻に1ポイントです」
司会:「それでは第2回戦。先攻どうぞ」

1枚目は大学生風女性、2枚目は70代女性、農家風。

先攻:「……、女性、あと、ないです」
司会:「ジャッジ、ワンペア! それでは後攻どうぞ」

1枚目、40代会社員。2枚目、30代OL。

後攻:「……同じ企業に勤めてる、同じ部署、あと、不倫中」
司会:「ジャッジ、スリーペア! 後攻に2ポイントです」

司会:「それでは最後のセッションです。どうぞ」

1枚目は20代後半女性、ちょっと地味目。2枚目は女子高生。

先攻:「下の名前が一緒、横浜市在住、彼氏無し」
司会:「ジャッジ、ツーペア! 1枚目は彼氏アリです。 それでは後攻どうぞ」

1枚目、10歳小学生男子。2枚目、後攻のその人。

後攻:「えーっ、東京都在住、両親と同居、あと……」
司会:「あと、何ですか?」
後攻:「あと……、あと……、ど、ど、童貞!」
司会:「ジャッジ、ツーペア! 1枚目、童貞ではありません!」

先攻:「えっ!」
後攻:「えっ!」

司会:「手役から先攻に1ポイント! 今回は引き分けとなります」
司会:「それではまた次回お会いしましょう! サヨウナラ!」

 

神経衰弱ポーカー 
  神経衰弱ポーカーは、任意に引いた2枚の写真に写った人物のプロファイルから
  共通する内容を推理して列挙、その数の多少で勝負をするゲームです。
  共通するプロファイルについてはジャッジが審査し、合否を決めます。
  共通したプロファイル数が多い方が勝ちとなり、相手のプロファイル数との差が
  ポイントとなります。同数の場合はプロファイルの内容(手役)によって勝敗を
  決め、勝った方に1ポイント入ります。
  1回の勝負をセッションと呼び、3セッションで1ゲームです。
民明書房 「楽しいテーブルゲーム」)



nina_three_word.

Including
〈 神経衰弱 〉

ボディショット

「お兄さん、もう一杯行こー!」
 ビアシンハーがまた一本開けられる。お兄さん、と呼ばれた男はまんざらでもなさそうに瓶ごと口につける。
「ただ飲むだけじゃつまらないな。なあ、口移しで飲ませてくれよ」
 だいぶ酔いが回ってきたのか、男は下品な冗談を口にする。他に客もいない。羽目を外してもいいだろうさ。それにこの後は2人でホテルへ行く、ってことになっている。
「オッケー。じゃ飲ませてあげるねー。ゼンブ飲んでよー」
 女はケラケラと笑い、男の手から瓶を奪い取りその中身を口に含んだ。

 

 首都クルンテープ。とあるストリートの、そのさらに奥へ至るソイ(脇道)。これと言って流行らないビアバーが2,3件。表通りのゴーゴーバーでペイバー(店外デートのこと)した女の子と、呑み直そう、ということになって連れてこられたのだ。なんとも場末な雰囲気が不気味であったが、思いのほか店員たちが若く、皆可愛い。店主の趣味がいいな、などと思いつつ酒宴を開始したのだ。


テキーラ行こー、テキーラ!」
 だいぶ酔いも回ったころ、女が言った。そして運ばれてくるショットグラス、塩、マナオと呼ばれるライム。女は男の首に手をまわし、口を耳元に寄せて言った。
「ボディショットで、行く?」
「アナタだったら、いいヨ」
 女の胸が男の胸に押し付けられる。その肉感的な感触と酔いが、男の判断を短絡的にさせた。
 妖しい笑みを浮かべて、女は胸をはだけた。マナオをひと搾り、そして塩をひとつまみ盛る。男はそれを舌で掬い、ショットグラスの中身を一気に飲み干した。喉を焼いてもまだ足らず、テキーラは胃の中で燃え続けた。だが心地よい。狂乱の夜は始まったばかりだ。

 

 ボディショットを幾度繰り返したろうか。男はもう立ち上がるのもままならないほどに酔っていた。女が囁いた。
「お兄さん、お兄さんモテるから、いっぱい女のコ泣かしタでしょ」
「ぁあぁ、泣かしぃーた、かなぁ」
「あたし知ってるヨ。ブア、レック、……ノーイ」
「ノーイ……、あぁ、ノーイなぁ! あれはいい子だったなぁ。他のオンナに乗り換えちまったけど、どうしてるかねぇぇ」
 気が付けば店の中に人気はなく、男と女、二人が残るのみ。
「もう一杯、ボディショット行こ? これでサイゴ!」
「よーし! 飲んだらホテル行こうぜぃ!」
 女はショットグラスを男に渡し、男の耳元で言った。
「ノーイね、死んだヨ。自殺したの。わたしの大事な大事ないもうとダッタ」
 女はショットグラスの中身を男の顔にかけた。そしてボトルを掴むとその中身をさらに男にかけた。
 スピリタス。アルコール度数96度。それが女の手にしているボトルの正体。
 
 「最期の、ボディショット、ョ」
 女は手早くマッチを擦った。


 

nina_three_word.

Including
〈 繰り返し 〉
〈 アルコール度数 〉

「これで成体なんですって?」
 足元に映し出されたドローンからの画像のおよそど真ん中、ぶよん、とした巨大な物体をしげしげと眺めながら、彼女がポツリと漏らす。その見た目は甲虫の幼生そのまま、青白くぷくぷくとした、まあいわゆる芋虫、という奴だ。ただ問題は、ここがちょっと特別な海辺であること。すぐ近くに原子力発電所が控えている。そして一番の問題は、この芋虫は、原発を圧し潰せるくらいに巨大だ、ということ。


「よりによって、なんでこんなところに出てきてくれるかなぁ」
 対策本部、何て名前をつけられて召集された我々としては、愚痴の一つも出ようってもんだ。排除する。どうやって?
 生物学者の先生たちの見解は先ほど彼女が漏らした通り。どうやらこいつは昆虫の類で、これで成体であろう、ということ。こいつが蛹化して成虫になり、わしわしと歩き回らないだけでもましだろうか。だがしかし、何の解決にもなってはいない。

 

 自衛隊による駆除、米軍との共同作戦による排除。それはさすがに難しい。原発がなければそれでいいが、こんな至近距離ではさすがに内に向けても対外的にもいろいろまずいだろう。それに近くて遠いお国の方々が、脅威の排除名目で花火なんぞ上げようとしないように牽制をしておいてもらわないといけない。
 そのまんま地中などに帰って行っていただきたいのだが、さすがにそれはまずい。ある意味もっとまずい。海に帰っていくか、いやどう見てもこいつは海洋生物じゃないから無理だろう。
 なので、そっとこいつの息の根を止めて、原発のほうへ動いていかないようにする。それが一番現実的な方法だろう。死体の処理はまた後で考えるしかない。ではどうやって? そうして考えは堂々巡りになる。

 

「このまま、じっとしていてくれないかしら」
 刹那、芋虫が半身を起こす。幸い原発とは逆の方向を向いているのが幸いだが。耳鳴りのような音が響く。

 キィィィィィィィ!

 目の前が眩む。
 次に、極彩色の壁が目の前に現れ、迫りくる。
 目の前が極彩色に溢れ、色を失った。

 

 

 いま、我々の目の前には原発。そしてその脇には、何か巨大なものがあったかのように、木々が圧し倒されている。
 なぜ我々はここにいるんだ? あの木々が押し倒されているところには何があったんだ? 誰一人としてそれを説明できるものはいなかった。そもそもなんで生物学者がここにいるんだろうか。ここにいる皆が狐につままれたような心持だ。何もかもが不可解。

 

 

 どこかの誰かの心の奥底。
 一匹の蟲が巣食うていた。
 蟲は眠り、現の夢を見る。
 宿主の心を依り代に、
 蟲は眠っていた。
 夢は現、現は幻。

 


nina_three_word.

Including
ネオテニー
〈 夢幻 〉

不可解なファイル

「何ですかね、このファイル」
「なににも紐づいてないんだよな、こいつ」
「さっき、テキストエディタで開いてみたんですけど」
「どうだった?」
「さっぱりわからないです。なにかバイナリみたいなんですが」
「でも実行はできないんだろ」
「とてもとても」
「何かウィルスなんじゃないのか」
「これ単体では問題ないみたいですよ」
「一緒にあったテキストは何て書いてあった?」
「ただ一言、”解凍しろ”と」
「なんだそりゃ」
「どう解釈すればいいんですかね」
「レンジに放り込むか?」
「馬鹿言ってないでくださいよ」
「どうしますかね」
「どうしたもんかね」


西暦20XX年。
lzhフォーマットがロストテクノロジーとなった世界。



nina_three_word.

Including
〈 解凍 〉
〈 解釈 〉
〈 不可解 〉

疾る -はしる- その2

「……なんだかね、いるんだかいないんだか分らないんですよね」
「……振った仕事はきっちりやってくれてるんだけどね」
「……でもそれ以上でも以下でもないんだよな」
「……飲み会誘っても来たためしないし」
「……なんかぼんやりしてるよね、いろいろと」
 会社の同僚はいろいろ言っているが、なんで彼が飲み会に来ないのかを知っている。毎夜毎夜、バイクで走りに行っているのだ。それもただのツーリングじゃない。


 彼を二度見かけたことがある。

 

 一度目は夜の第三京浜、保土谷のパーキングエリアで。最初は見間違いかと思った。会社での彼しか知らないので、まさか、今目の前で黒のレーシングスーツに身を包んでコーヒーを飲んでいる人が同一人物だとは気が付かなかった。声を掛けようかとも思ったんだが、そんな雰囲気ではない。
 見ていると、先ほどから大声で自らのバイク自慢をしている男の方へ近寄って行って、何やら話し始めた。不穏な空気であるのは、自慢男の顔色で一目瞭然だった。明らかに怒りの色が浮かんでいた。そして彼が親指で一台のバイクを指したとき、自慢男の顔に勝ち誇ったような笑みが浮かんだ。指した先にあったのは、あまりに武骨な年代物の一台。それはバイクに詳しくない私でもわかる。
 しばらくすると、自慢男と彼がそれぞれのバイクに跨り、パーキングエリアを出ていった。バトルを吹っかけたんだ、あの人が! 同僚たちの吹聴した先入観なんて、すべて吹き飛んだ瞬間だった。

 

 二度目は、所用で盛岡に行ったとき。少し時間があったので、美味しい珈琲が飲めるという評判の喫茶店へ出向いていった。店に入ると、あの第三京浜で見かけた黒のレーシングスーツがカウンターに座って珈琲を飲んでいたのだ。心臓が止まる思いがした。なんでこんなところにいるんだ?
「こんにちは、どうしたんですか?」
 さすがに話しかけずにはいられなかった。レーシングスーツ、ってことはバイクで来たんだよな。まさかこの格好で新幹線に乗ってくるわけは。
「よう、君か。珍しいところで会うな」
 彼はちょっと照れくさそうに挨拶をし、そして続けた。
「ここの珈琲が美味しいっていうからさ、飲みに来たんだ」
「いやちょっと待ってください、その恰好、バイクで来たんですか?」
「うん? よく分かったね。会社では内緒にしてたんだけど」
 いやさすがに分かりますって。
 それから私は、堰を切ったように先日の第三京浜で見かけたことを話し始めた。その姿があまりに意外だったことも含めて。そして、気になっていることを聞いた。
「あの日、あいつに勝ったんですか?」
 彼は、ただ満面の笑みを浮かべた。

「ご馳走様、コーヒー美味しかったよ」
 とだけ店の人に残して彼は店を後にした。これから帰る、って。今は日曜の午後3時、盛岡から東京まで500㎞ちょっと。え? ……とんでもない人だ。


 そして会社では、いつもの彼だ。昼行燈よろしく、いるのかいないのか分からない。私は彼の所へそっと近寄って行って、一枚の写真を彼の机に置いた。写真には一台のバイク。中古。不人気。おかげで安かった。このために免許も取った。そして一文加えた。

”買いました。今度走りに行きましょう”

 彼はその写真を表情一つ変えずに眺め、裏にボールペンで走り書きをした。

”ようこそ、こちら側へ!”

 


nina_three_word.

Including
〈 昼行灯 〉
〈 先入観 〉

〈 無骨 〉