読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋心その1

彼女はそのハイヒールを履いた足で、僕の腹を思い切り蹴り上げる。

痛みで体をくの字にした僕の後頭部を目がけて、両手を固く組んで振り下ろす。
水溜りに顔から落ちた僕の横面を踏みにじる。
そして僕の髪を掴んで彼女の方を向かせて、こう言うんだ。
 
「大好きよ。愛してる」
 
そして僕たちは朝まで愛し合う。