読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参道にて

とある神社の参道。
正月で賑わっている。
甘酒や汁粉が振舞われている。

参道の端、人通りの比較的少ないところに娘が立っている。

娘、見るからに人待ちの風体。
娘、しきりに時計を気にする。

娘に近づく男女の二人連れ。
薄い笑顔の男と、美人だが人好きのしない女。

娘、顔を上げる。
娘、男の方の顔を、きっと睨みつける。
娘、一枚の紙を男のほうに突きつける。
男、一瞥してからその紙を取り上げ、クシャクシャに丸める。
男、内ポケットから財布を取り出す。
男、札束を掴みだし、その札で娘の頬を叩く。
娘、口を結び、男の頬を思い切り平手で打つ。
男、娘の頬を思い切り叩き、手にしている札束を地面に叩きつける。
男、女を連れて立ち去る。
娘、地面に散らばる札束を拾い始める。
娘、拾い集める手がいつしか止まり、嗚咽を漏らし始める。
娘、拾い集めた札を胸に抱くようにしてしゃがみ込み、泣き始める。

甘酒を振舞っている男、娘に甘酒を差し出す。


「これでも飲みな。悲しいときには甘いもんがいい」
「これを飲んだらな、笑わなくてもいいから背筋を伸ばせ」
「油断してるところを見せるとな、碌なのが寄ってこないからな」
「まずは一回、家へ帰れ。帰って、そこで大声で泣け」
「心配するな、きみはあいつが連れてた女の数倍はいい女だよ。自信を持て」
「笑えるようになったら、またお参りにおいで。神社は逃げないから」

 

お題:「甘酒」「時計」「美人」

https://3dai-yokai.tumblr.com/first