読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残酷な実学

 熱帯雨林を思わせる森の中。道に迷った男が老杉にもたれかかり座っていた。
 男の目の前には、一本の胡瓜。疲労困憊、空腹ではあるが、男は悩んでいた。
 先刻、何かが男に囁いた。
 ”わたしは、さいきん、ゴウ、という、ことば、を、おぼえた”
 ”ごう、ッテ、ドウイウ、モノナノカ、シリタイ”
 ”だから君たち二人を選んだ”

 

 そう、もとは二人いたのだ。突然に方位磁石が狂い、道を失った。辿り着いたのがこの老杉の前だった。何かが囁いた後、もう一人の男の姿は消え、その場に胡瓜が一つ、残された。

 

 ”食べたまえ。喉は乾き、腹もすいているだろう?”
「……、あ、あいつを、何所へやった!」
男は分かっているのだ、もう一人がどうなったのかを。自分自身が試されていることを。その考えが間違いであってほしい、あるいはそんな考え自体を打ち消したくて、ただ叫んだ。
 答はこれと言ってなかった。ただ一言。
 ”たべないと、シヌヨ”

 

 どれくらいの間だろうか、男は悩んだ。
 連れだった奴は、小学校からの親友で、趣味が同じ山登りだった。パートナーとして幾つもの山を制覇してきた。かけがえのない親友だ。見捨てられるわけがない。何とかしないと。
 不意に、男の心にある映像が流れ込んできた。
 結婚間もない妻、生まれたばかりの子供。彼にとって大事な人たち。
 また、囁く声。
 ”コノきこうダト、ソロソロくさるよ”
 ”あいつニハ、守るヒトが、イナイダロウ?”

 

 男は泣いた。声を上げ、最後の力を振り絞り、いつまでも泣いた。

 

 翌日、男は一人、麓の村へと戻っていた。務めて普通に振舞っているが、顔に生気はなかった。不思議なことに、もう一人の男のことなど、誰も話題にもしなかった。まるでそんな人間などいなかったかのようだ。

 

 老杉の中、あってはならないものがその洞の中に座っている。
 すでに目は開き、精悍な顔つきとなりつつある。
 あってはならないもの、中空を見据えて咆哮を上げる。
 その声は奇矯なる笑い声にも似て。



お題:「業」「磁石」「キュウリ」

https://3dai-yokai.tumblr.com/first