読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピクニック

「今日はこの辺りにしようか」
 僕は後をついてくる彼女に声をかける。彼女はただ黙って、小さくうなずく。あまり色気は無いんだけれど、ピクニックシートを敷いて、二人でその上に腰を掛ける。空は青空、最高だ。


 僕はお気に入りのツイードのジャケットにハンチング帽、それにアーガイル柄のソックスと靴はブラウンのウイングチップ。彼女は、チェックのボタンダウンのシャツの上から暖かそうなセーターとふわっと波打つスカートにワインレッドのタイツとシンプルなスニーカー。まあ、二人ともちぐはぐかも知れないけどね。


 そして、僕はお気に入りのものをもう一つ取り出す。オプティマスのガソリンストーブ、123R。ホワイトガソリンを燃料に使う、主にキャンプなんかで使うコンロみたいなもの。これに火をつけるのが儀式っぽくて、火をつけたら、ゴォーっという音がいい感じで、楽しくてたまらない。2人分、お湯を沸かすことにした。

 

 もう一つ準備をしたのが、通信機。20cm四方くらいの大きさ。ラジオみたいに見えるけどちょっと改造をして、秘密の回路を追加してある。何の回路かは内緒だ。こっちは、彼女の受け持ち。周波数を合わせて、ノートを取るために画板を持って座っている。
 
 パーコレイターではお湯がいい具合に沸騰し、僕は2人分のお茶を淹れて、一つを彼女に差し出した。彼女は持っているペンで画板をコツコツと2回叩く。話したいことがある時のサイン。彼女はペンでノートに走り書きをした。

 

”通信が途切れた。最初のメッセージ以降、なにも来ない”

 

通信機に組み込んだ乱数解読回路で復調したメッセージはこう言っていた。
”政情が変わった、自らの進退を決めよ”

 

 クーデターか、革命か。どっちでもいい、とにかく僕らにとってまずい状況に変わったのは間違いない。僕らの所にも何か来るのか。お茶を持つ彼女の手は震えている。

 今、余計なことを考えても仕方ない。まずはお茶だ、お茶を飲もう。そしてピクニックの続きをしよう。進退を決めるのはそのあとでもいいじゃないか。

 


nina_three_word.

< 青空 >
< 沸騰 >
< 回路 >
< 波 >