読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おでんのかみさま

ぽちゃん。
「おっと、うまく取れなかったぃ」
「……お前が落としたのは、この大根かな? それともこのこんにゃくかな」
「なんだお前は、突然おでん鍋から出てきて藪から棒に」
「私は、神だ。それもおでんの神様だ」
「そんな中にいて熱くないのかい」
「喰いつくところはそこか。それでお前の落としたのはどっちだね」
「卵」
「そうかこんにゃくか。あれは滑るから箸で掴みづらい」
「卵だって」
「そうか大根か。この大根はよく味が染みているように見えるがな、芯はまだちょっと固いのだ」
「卵だよ、卵」
「そうかすじだったか。これは関東風なので魚の練り物になっとる」
「おい神様」
「ちくわが欲しいのか?」
「た・ま・ご・を・よ・こ・せ」
「……ああ! あーあーあー! 卵な、卵たまご」
「そう、さっきから言ってるだろうが。俺が落としたのは卵」
「それではこのばくだんを」
「ちょっとそのおたま貸せ。俺がとる」
「いやいやそうはいかん。このばくだんはな、大きなボール揚げのようだが、実は中に鶏卵が入っていてな」
「もう一回言ったほうがいいか? 卵だよ、卵!」
「……こっちだって卵が入ってて美味しいのに……」
「ああ、もうわかったよ、そのばくだん、てのでいいよ。それでいいから早くくれよ」
「そうか、お前は素直ないい奴だ。この金のばくだんをあげよう」
「ちょっと待て、金のばくだんじゃ食えないだろうが。普通のばくだんをよこせって」
「それでは用があったらまた呼んでくれたまえ」
「ちょっと待て、どこ行く気だ神様」
「さらばだ」
「ああ、帰りはそっちか。鍋から出て帰っていくのな。……この鍋、意外と高さあるんだが、机の上まで足届くか?」
「ちょっと厳しいかもしれん。すまんが何か踏み台になるものを貸してくれないか」
「おちょこ逆さにしたのでいいか?」
「ああ、十分だ、ありがとう。それではさらばだ」
「あの、神様」
「何だね」
「白滝、取ってもらえますか」


ちゃんちゃん



お題:「卵」「神様」「机」

https://3dai-yokai.tumblr.com/first