読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遭遇

「先輩、本当に来ますかね」
 僕は不安そうに尋ねる。正直、こんな辺鄙な山間の農場に真夜中に連れられてきて、寒風吹きすさぶ中でじっとしているなんて、苦痛でしかない。僕が何か悪いことをしたか? 何かの罰なの? これは。


「今回はかなり有力な情報だからね。期待できるよ、ウンモくん」
「ウンモじゃありません! き・ら・ら、です!」
 先輩は必ず僕の名前を”ウンモ”と呼ぶんだ。それがいつも気に入らない。僕はこの名前が大好きなのに。
「悪い悪い。でも、うちの超常研じゃ、この先ずっと”ウンモ”だぞ。そうでなくては超常研の人間とは呼べないからな」
「だからなんで”ウンモ”なんですかぁ。嫌ですよ、こんな呼び名」
 先輩は板チョコの銀紙を剝いて、ひと齧りした後に続けて、
「まず、きららは雲母の別の呼び名だ。そして、超常現象、特にUFOに関連する情報を追うものならば、旧ソ連に現れたウンモ星人に関するレポートは基礎中の基礎知識だ。ほら、やっぱりウンモだよ、ウンモくん」
「……もう、いいですよ、ウンモで。それはそうと、有力情報って何なんです?」


 先輩は板チョコをまたひと齧り。ぱきん、とちょっと乾いた音が思いのほか大きく響いてしまって、僕も共に息を呑む。
「2週間ほど前この農場の休耕地に、円形に雑草が倒れた場所が6つ、見つかった。ミステリーサークル、ってやつだな。そして私の独自の研究では、ミステリーサークルの発見から2,3週間のうちに、そこで未確認飛行物体の目撃例が集中しているんだ。つまり」
「今夜あたりから、未確認飛行物体に遭遇する可能性が高い、ということですか」
「その通り! さすがウンモくんだ。ちょっとおいで」

 

 先輩は手招きして僕を呼び寄せる。無造作に束ねた長い髪、陳腐だけどそうとしか言いようがない牛乳瓶の底のような眼鏡、そして化粧っ気のない顔が近づく。先輩は板チョコを一列割り取り、その片側を口に咥えて

「ほら、チョコレートをあげよう」
 と、悪戯っぽく言う。憧れてて、そして大好きな先輩にそんなことをされたら、僕は照れて下を向くしかないじゃないか。
「どうした? 要らないのかねウンモくん?」

 

 僕は意を決した。僕をからかっている先輩の肩をしっかりと抱き、そのまま草むらに押し倒す。圧してチョコレートを端から僕の口で齧っていく。先輩は、……驚いたように目を見開いている。僕のことを ”ウンモくん” と呼んだ罰だ。でも、ちょっと様子がおかしい。僕のことなんか眼中にないって感じで空を見上げている。押し倒したときに頭でも打ったかな?

 

 僕らのいるあたりが、ぱあっっと明るくなった。複数の農作業機がすぐ耳元で作業をしているような、そんな轟音が僕たちを包む。先輩の表情は、驚きから歓喜へと変わっていく。

 

 僕も、恐る恐る、ありえないほど明るくなった空を見上げた。



お題:「チョコ」「円」「農場」


https://3dai-yokai.tumblr.com/first