読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるよこい


はるよこい

 はるよこい はやくこい
 あるきはじめた みーちゃんが
 あかいはなをの じょじょはいて
 おんもへでたいと まっている


という、童謡があります。
この歌詞、これと言って不思議なところなんてありません。
が、ただ一つ。

「じょじょ」って何だ?

というところから、独自の解釈を行ってみることにしました。
世間ではそれを「牽強付会」と呼ぶらしいです。
まずはキーとなるこの行から。


あかいはなおの じょじょはいて

じょじょ。じょじょです。
……ジョジョ? です?

f:id:hyakugan:20170326213350j:plain


つまりこうですか。

「赤い鼻緒の ジョジョは居て」
草履か雪駄か下駄かはわかりませんが、どうやら赤い鼻緒の履物をつけた、ジョースター家の末裔がどこかにいるようです。予言めいてますねー。さて、どこにいるのか。一つ上の行を見てみることにします。


あるきはじめた みーちゃんが

そう、「ミーチャンガ」、です。要塞や収容所? おそらく要塞です。前の所に、「歩き始めた」とありますから、多足歩行型移動要塞「ミーチャンガ」、を現わしているのでしょう。なのでここは

「歩き始めた ミーチャンガ」
ですね。


おんもへでたいと まっている

ここは普通に解釈をするべきですね。草履はいたジョジョが移動要塞「ミーチャンガ」の外へ出たがっている、ということです。つまりここは普通に

「おんもへ出たいと 待っている」
です。


ここで一行目へ戻りましょう。


はるよこい はやくこい

普通に理解をすれば、
「春よ来い、早く来い」
と春を待ちわびる心を表しています。でも、はる? 季節の春? 春が来れば移動要塞「ミーチャンガ」の外に出られるんでしょうか?そうではなさそうですよね。では、「はる」とは? 
ここで思い浮かぶのは「ハルサーエイカー エイカーズ」。そう、沖縄のヒロインの物語です。

 

f:id:hyakugan:20170326212957p:plain

 

 

主人公は田畑ハル。まさしく彼女を呼んでいるんです。

「ハルよ来い 早く来い」
ということですね。


まとめると、


ハルよ来い

ハルよ来い 早く来い
歩き始めた ミーチャンガ
赤い鼻緒の ジョジョは居て
おんもへ出たいと 待っている

なんとサスペンスに満ちた唱歌だったんでしょう!


牽強付会、終わり!

 

 

※「じょじょ」とは、草履の幼児語です。