読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精霊使いになりたい

「……お見事。カモミール、ローズウォーター、ユーカリオイル、三つとも正解。」
 私の師匠、勝手にそう呼んでいるだけだが、は、いつもと変わらずにこやかに言葉を発した。師匠が戯れに出した、ちょっとしたクイズ。その答え合わせ。このところ全問正解が続いて、私はとても気分がいい。
「私、精霊使いになれますか?」
 思い切って、師匠に尋ねてみる。

 

 私は精霊使いになりたいのだ。師匠のように、精霊使いとして、冒険の旅に出たいのだ。当然、親からは猛反対を受けた。特に母からは。父は普段何も言わないのだが、今回だけは反対をした。私が粘って粘って、やっとのことで師匠の所なら、と許可が出たのだ。

 

「今の問題は、セージやヒーラーとしての知識ですからね。まだまだこれから」
 師匠は結構厳しい。でも、それももっともだ。キッチンの火を入れるのに、私はまだサラマンダーすら使役できていない。
「私が教えられるのはそういった知識だけ。精霊使いになるのは、あなたと精霊たちの契約の問題ですからね」

 

「でも、見込みはあるんじゃないかしら。”あの”師団長ウォーケンの娘ですからね」
 そう、私の父は師団長をしている。なんでも昔、冒険者としてこの国の最大の危機を救った英雄のうちの一人として、今の領主様に取り立てていただいたのだとか。その時に一緒に冒険をしたのが、今目の前にいる師匠。2人とも、そんな大きなことを為した人とは思えない。父は冒険者のころの話なんて全くしないし、師匠もこんな物静かな人だし。
「あの、お師匠様。父はどんな人だったんですか?」
「あなたのお父さん、ウォーケンはね、あのまんまの人でしたのよ。口数が少なくて。でも、剣士としての腕は確かだし。何よりも仲間のために尽くす人でしたのよ。私も幾度となく助けていただいています。ウォーケンはねぇ、素敵な人ですよ」
 いま、師匠がちょっとだけ乙女の顔になった気がする。

 

「さ、暗くなってきましたね、ランプを燈しましょうか。やってみますか?」

 私はゆっくりと、小さく、でもしっかりとした意志をもって詠唱を始める。
「小さき竜、炎を宿し眷属よ。我が僕となりて……」

 師匠の訂正が入る。

「我が友として。」
「…我が友として此れに願う。火口を切りて灯の種とせよ」


「……燈りましたね。まずは精霊たちと心を通わせる、これが大事ですよ」
「はい!」


 精霊使いになりたい、ううん、なる。



お題:「サラマンダー」「灯」「ユーカリ

https://3dai-yokai.tumblr.com/first