ゲームの時間


司会:「”神経衰弱ポーカー”、開始しましょう。それでは先攻から」

先攻の男、任意に2枚の写真を選ぶ。1枚目には背広姿の30代男性、2枚目にはちょっとチャラい男性(色黒)。

先攻:「……同年齢、彼女アリ、同棲中」
司会:「ジャッジ、スリーペア! それでは後攻」

後攻の男、同様に2枚引く。1枚目はベンチャー企業の社長風男性、2枚目は40代既婚女性風。

後攻:「出身高校が一緒、両親が健在、バツイチ、……総武線沿線在住」
司会:「ジャッジ、スリーペア! スリーペア同士なので、手役から先攻に1ポイントです」
司会:「それでは第2回戦。先攻どうぞ」

1枚目は大学生風女性、2枚目は70代女性、農家風。

先攻:「……、女性、あと、ないです」
司会:「ジャッジ、ワンペア! それでは後攻どうぞ」

1枚目、40代会社員。2枚目、30代OL。

後攻:「……同じ企業に勤めてる、同じ部署、あと、不倫中」
司会:「ジャッジ、スリーペア! 後攻に2ポイントです」

司会:「それでは最後のセッションです。どうぞ」

1枚目は20代後半女性、ちょっと地味目。2枚目は女子高生。

先攻:「下の名前が一緒、横浜市在住、彼氏無し」
司会:「ジャッジ、ツーペア! 1枚目は彼氏アリです。 それでは後攻どうぞ」

1枚目、10歳小学生男子。2枚目、後攻のその人。

後攻:「えーっ、東京都在住、両親と同居、あと……」
司会:「あと、何ですか?」
後攻:「あと……、あと……、ど、ど、童貞!」
司会:「ジャッジ、ツーペア! 1枚目、童貞ではありません!」

先攻:「えっ!」
後攻:「えっ!」

司会:「手役から先攻に1ポイント! 今回は引き分けとなります」
司会:「それではまた次回お会いしましょう! サヨウナラ!」

 

神経衰弱ポーカー 
  神経衰弱ポーカーは、任意に引いた2枚の写真に写った人物のプロファイルから
  共通する内容を推理して列挙、その数の多少で勝負をするゲームです。
  共通するプロファイルについてはジャッジが審査し、合否を決めます。
  共通したプロファイル数が多い方が勝ちとなり、相手のプロファイル数との差が
  ポイントとなります。同数の場合はプロファイルの内容(手役)によって勝敗を
  決め、勝った方に1ポイント入ります。
  1回の勝負をセッションと呼び、3セッションで1ゲームです。
民明書房 「楽しいテーブルゲーム」)



nina_three_word.

Including
〈 神経衰弱 〉

広告を非表示にする