読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昼休み ~休憩~

「子供の頃さ、保育園でも幼稚園でもなんでもいいんだけど」
「うん」
「おやつが出たでしょ」
「ああ、出たね」
「あれで好きだったおやつってある?」
「好きなおやつか。なんだろうなぁ」
「俺はさ、肝油ドロップが好きだったな」
「……やっぱりただものじゃないと思ったよ。よりによってそれか」
「そうかねぇ。あれは美味しかったと思うんだがなぁ」
「うちで出た肝油は、なんかグミの出来損ないみたいな触感で嫌だったな」
「でも時々気が向いたときに出るゼリービーンズはだめだった」
「あとさ、名前が分かんないんだけど、ビスケットに色付き砂糖の付いたやつ」
「ああ、動物の形しているやつか。あれ名前なんて言うんだっけ」
「知らないんだよねぇ。あれもすごく美味しいってわけじゃなかったけど」
「あと定番はラムネね」
「あれは必ず出たなぁ」
「どっちがよく出た?」
「どっちって、どんなどっちよ」
「大きいラムネと小さいラムネ」
「大きい方には魑魅魍魎が」
「舌切り雀じゃないっての」
「小さい方はさ、5,6個をひとまとめでセロファンに包まれててさ」
「ああ、あったあった。でも、」
「でも何だい」
「うちの方はクッピィラムネだった」
「リスの絵のやつか」
「そうそう」
「あと、変なのも出たんだよ」
「なに、変なのって」
「お湯の中に梅干し入れたやつ。それを飲むの」
「へぇ」
「子供には、なんか美味しいってものでもなかったな」
「今好きなおやつとかお菓子はある?」
「チョコレート。子供の頃も好きだったなシガレットチョコとか」
「大人の真似したクチだね」
「もちろん。いまじゃ本物の方ばっかりでさぁね」
「なんだ、”でさぁね”ってのは」
「すっかり肩身の狭い愛煙家ですよ」
「子供の頃は、大人ってたばこを吸うのが当たり前だと思ってたけどね」
「まさかベランダに追いやられるとは思わなかったな」
「会社でだって、こんな非常口の外れにしか喫煙スペースがないもんね」
「OA機器に悪影響があるとかさ、口実だよな明らかに」
「いやんなっちゃうね」
「お、時間だ。そろそろ戻りますか」
「先に行っててよ、この缶コーヒー飲んだら行くから」


オチというオチもなく

お題:「愛煙家」「保育園」「ラムネ」


https://3dai-yokai.tumblr.com/first