送別会

 その人とは、それほど仲がよかったわけではない、むしろ嫌われていると思っていたくらいだ。僕のいる社内のサービスカウンターに来るときはいつもむっすりしていて、たまに口を開くときには僕たちに対するクレームばかり。正直なところ、ちょっと苦手な女性だった。

 

 そんな彼女が会社を去ることになった。何故か送別会のお誘いが僕らのところにもやって来た。別に嫌っていたわけではない、行きましょうか、ともう一人に声を掛けて、二人して参加することとなった。

 送別会は、楽しいものだった。社内の盛り上げ係が複数参戦していたおかげで盛り上がりに盛り上がっていた。ただ主賓のその人だけは、所在無げにしていた。

 盛り上げ係の一人が僕を呼び寄せた。ほらあの人の隣に行けよ、お前ら仲良かったじゃん。周りにはそう映っていたのか。心外、いや意外だった。押し付けられるようにしてその人の隣へと行った。

 真っ先に、今まで煩いこと言ってごめん、と明るく謝られた。そしてグラスのビールを一気にあおった。乾いた泡のいくつかを残して、グラスは空になった。飲んでる?と言って僕のグラスになみなみとビールを注いで、ついでに自分のグラスにもビールを注ぎ、はい乾杯、とグラスをこちらに出した。乗せられるように杯を合わせ、チン、という小さな音が鳴った。

 僕が隣に来てから彼女の酒は陽気になった。他愛もない話や僕の失敗話を持ち出して、僕の肩をバシバシ叩きながらよく笑った。こんな表情を見たことがなかったので、あまりの意外さに僕は少々面食らってしまった。

 

 最後の主賓の挨拶で、僕はその人が結婚を機に辞める、ということを知った。

 

 送別会が終わり二次会もぐだぐだとして流れ解散のようになり、気がつけば、帰る方向が同じだったその人と僕は、同じ電車に乗っていた。そして酔った勢いもあるだろうか、いや正直かなり酔っていたその人は、よく喋り、僕は少々面食らった。そしていろいろと話をした。辞めるきっかけは確かに結婚だけれども、本音は文章を書いてそれで認められたいこと、人付き合いが苦手で、うまく喋れないだけで嫌ってたわけじゃない、むしろ気に入っていたといった、ちょっと意外なことまで。

 酔った勢いの気紛れで、家まで送りますよ夜道は危ないですから、と言ったところ、そうしてもらおうかな、コーヒーくらい御馳走するから、とすんなり返事が返ってきた。社交辞令のつもりだったのだが。

 その人の家の近くにあった、閉店寸前のコーヒーショップでまた少しだけ話をした。たくさんの夢の話を聞いた。あらゆることに煮詰まっていた僕には、その人がとても高貴に映った。

 その人を部屋の前まで送り駅へ向かおうとするところ、不意に手を握られ、抱きしめられ、そしてキスをされた。僕は呆然として為すがままだった。

 別れ際の挨拶と言うには、その人のキスはとても深いものだった。僕の唇を割って入ろうとするその人を拒むことなく、暫しの間、絡み合った。行き所のない腕は、その人をしっかりと抱きしめることにした。

 

「……しよっか、最後だから」

 

 その人は、僕を優しく、そして熱く迎え入れた。ただ一度だけ交わす情なのに、いやそうだからこそなのか、より強く身体を合わせ、僕も、深く、浅く、それに応えた。その人の歌う歓喜の歌と、一筋の涙。それらに見守られ、僕はこの刹那の想いを吐き出した。そしてもう一度、深い、深い、名残を惜しむようなキスをした。

 

 その後僕はもう一度その人の部屋を訪ねようとは思わなかったし、すぐに、その人は新しい生活のために引っ越していったと、仕事仲間から伝え聞いた。感傷などでは決して無い、何処か晴れやかな気持ちでいた。

 

 ただ時折、その人は今、何をしているだろうか、と思う。

 ただ、それだけだ。

 

 

ちょっとづつ公開していきます

 永らくのご無沙汰をしております。

 このところ、冊子「カストリ」の方に注力をしておりまして、とんとこちらの高悪心がされておりませなんだ。誠に申し訳ないことでございます。

 

 申し訳ないついでのご連絡を。

 

 冊子「カストリ」の第一号を、そろそろ絶版にしようかと考えています。それにあたり、はてなの方で未発表となっているお話をちょっとづつはてなに乗せていこうかと思います。よかったら読んであげてください。

 

 ああ、それと。

 

 ここまで、「百眼」と「ふっとさん」という名前を、これと言って大きな区別もなく使ってまいりましたが、そろそろそれぞれの名前で住み分けをしようかと思っています。

 

 お話とか、創作物は「百眼」、

 エッセイのようなものは、「ふっとさん」、

 

上記のように使い分けようかなと思っています。

 

 お知らせとしては以上です。

 どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

うなぎ

 二人は差し向かいで、うなぎが焼きあがってくるのを待っている。

 男は押し黙り、突き出しのお新香をかじりながら、ちびちびと酒などを口に運んでいる。女は俯き、膝の上で硬く握りしめた自分の両の拳を、じっと見つめている。

 ウナギの油が爆ぜたのであろうか、うなぎの、どこか泥臭いような香ばしい香りが漂ってくる。

 

 女は後悔をしている。こんな男と二人きりで、なぜうなぎ屋なんぞに来てしまったのだろう。そっと顔を上げる。男の、てらてらと脂ぎった顔が目に入る。爬虫類のような顔付きに、嫌気がさす。この男は卵を丸呑みできるに違いない。なんなら、うずらの卵ならば殻ごと一呑みにするだろう。

 

 男は、かぶと焼きを囓りながら嬉しそうに、自身の思う美味いうなぎの食べ方などを意気揚々と語り、合間合間に杯を口元へと運ぶ。背筋に怖気が走る。そもそもかぶと焼きという選択が私には理解できない。ここは倶利伽羅じゃないの。また視線を自身の拳へと戻す。

 重ねて思う。なぜ誘いを断らず、うなぎやに来てしまったのだろう。今日の腹は同じ長いものでも蕎麦かうどんだったはず、でも、仕方がないじゃないの、うなぎよ、うなぎ、文字で書いてみなさいよ、

 

『う』と書いて

『な』ときて

『ぎ』で締める、

 

こんな蠱惑的な言葉を耳元で囁かれてしまったらああ、断れはしないわ、ねえ誰もがそう思わなくて? 一体心の中で何を言っているのだろうかこの女は。

 でもやはり来るんじゃなかった、酒の二合も空けてよい心持ちになり、より一層テカりを増した男の額や鼻の頭を見て改めてそんな考えに捕らわれる。奥歯でたくあんでも噛んだか、パリッという威勢のいい音が響く。もう我慢ならない。

 

「お待たせいたしましたぁ」

 

 意を決し、私は帰ると告げようとしたその矢先である。障子が勢いよく開いて、女中の威勢の良い声が響いた。そして銀の盆には蓋をされた黒塗りの椀が二椀、そしてやはり黒塗りの、立派なお重が二つ。さあ腹を括れ、女よ。

 

 二人は無言で箸を動かす。何度となく塗られたタレは表面を彩り、赤銅色宜しく照り輝いている。そんなうなぎを、ただ黙々と口へ運ぶ。

 時折、肝吸いを飲む。その滋味に口中から食道、胃の腑まで残っている余計なうなぎの脂が流されていくようである。かみしめる肝の甘味と苦みが、一層食欲を増進させる。

向かいの男の唯一の美点は、鰻の食べ方をそれなりに分かっているところだ。特に、うなぎが二段になっているような小賢しい特上を選ばないところは、なかなかに得点が高い。本当ならば、うな丼にしたかったんだがね、お重はご飯が食べづらい、などと顔も上げずに飯を搔き込みながら言いのける様など、この男を見くびっていたと思わざるを得ない。何よりもこの店のうなぎは、とても旨い。店の選択は完璧だ。

 

うなぎの滋養は、女の心をも動かす。このまま男に言い寄られても、あるいははい、と言っていたかもしれない。しかし男は駅へ向かいすたすたと歩いていく。ちょっと待って、ここはタクシーを拾って一緒に乗ろうとして、そんなつもりじゃありません、なんてひと悶着あるところじゃないの、あたしは貞操の危機を感じるところよ、なあんてそんな小芝居に乗り気なこの気分をどうしてくれるの、紳士か、お前。

 なんだったらお返しに美味いうどんでも奢ってくれよ、とだけ男は言い残し、二人は駅で別れる。こんなに精をつけて、あたしはどうすればいいのよ、と帰りの電車で一人理不尽な怒りを覚えるが、ふと甦るあのうなぎの味に、そんなことはどうでもよくなるほどの悦楽を覚える。覚えると同時に鉄の匂いをかすかに感じて。

鼻血がひとすじ、流れた。

 

銀の大地における盛衰の物語

0.未踏の大地

 はじめに、円い銀色の大地があった。何一つ穢れることの無い、銀に輝く網の大地であった。


1.霜降和牛の統治

 穢れなき大地にまず降り立ったのは、その身に白き霜を纏いし和牛肉であった。少数ではあるが威厳のあるその姿にて、銀の大地を大きく汚すことなく平和の裡に統治した。


2.上タン塩の独立

 霜降和牛に遅れることわずか、銀の大地の片隅に上タン塩がその領地を主張した。霜降和牛は争いを好まず、譲り合いの下に上タン塩にその領地を割譲した。上タン塩も、大きく銀の大地を汚すことなく、程よく統治した。


3.カルビ・ハラミの台頭

 霜降和牛と上タン塩の統治はほどなく下火となる。彼らは個体としての繁殖力が強くはなかったためである。
 代わって勢力を増し始めたのが、カルビとハラミである。彼らは霜降和牛や上タン塩の立ち退いた隙間に入り込み、着実にその勢力を伸ばしていった。彼らはまたその性質から、銀の大地にしがみ付き、炭を残し、またカルビなどはその地を炎で焼いた。

 

4.焼き野菜の蹂躙

 カルビ、ハラミもまた、霜降和牛や上タン塩ほどではないもののその繁殖力は高いものではなかった。勢力を伸ばした土地もほどなく空き始め、わずかな隙を突くようにして、その土地に勢力を伸ばそうとする者たちが現れた。玉ねぎ、ピーマン、人参、玉蜀黍。そして椎茸としめじ。焼き野菜たちである。
 彼らは、カルビやハラミよりもはるかに長く銀の大地に留まることができたので、次第にその領土を蹂躙していった。気が付いたころには、カルビ・ハラミはわずかな領地を残すのみとなっていた。そしてその覇権は永く続くものと思われた。


5.ロースの復権

 焼き野菜たちの世は、神の手によって緩やかな終焉を迎えた。彼らは銀の大地の端へと追いやられ、あるものはその身を焦がし、またあるものはそっと忘れ去られていった。
 代わって銀の大地を占有せしめたのは、カルビの血統にあたるロースである。彼らはカルビほどに荒ぶることはなく、この地を統治せしめた。しかしながらやはりカルビの性質を持ち合わせてい、銀の大地にしがみ付き、わずかながらも炭で汚した。


6.ホルモン連合軍

 辺境より、新たな勢力がやってきた。ミノ、シマチョウ、レバを代表とするホルモン連合軍である。彼らは上タン塩やハラミと租を共にするものであった。
 また彼らは荒ぶるものでもあった。ホルモンたちの纏いし辛味噌ダレは、銀の大地に纏わりつき、より暗き炭となって台地を浸食した。そしてそして銀の大地はホルモンたちに蹂躙され、清き銀の大地は失われたかに思えた。


7.兵どもが夢の跡

 神は銀の大地に住まわるすべてのものたちを、他の地へ移住為さしめた。有無を言わさずに、である。
 そして、新たな神が現れた。その神は、穢れてしまった大地を根こそぎ取り去り、穢れのない新たな銀の大地を与えた。
 そしてまた、新たな興亡の物語が紡がれていくのである。神々がその腹を満たすまで。


 

ウマ娘 ~掲示板に載れなかったキミ達へ~

うん、

確かにトレーナーさんに無理言って

このレースに合わせてきたんだけど。

 

分かってるよ、分かってる。

あたしにはちょっと背伸びしたレースだって。

 

あの娘の末脚、凄かったなぁ。

前の方からレースを進めてバテないこの娘も。

あっちの娘は並びかけた時の気迫が凄くて。

みんな綺麗な勝負服を着て駆け抜けてった。

かなわないよねぇ。

 

 

でもね、でも、

あたしだって負けてなかったよ。

うん、負けてなかったんだよ。

 

勝ちたかったなぁ

勝ちたかった、なぁ

 

悔しい、

悔しい悔しい!

勝ちたいよぉ

勝ちたい!!

 

今に見てろ、

次にウィナーズサークルにいるのは私だからな。

ちょっとした燃え尽き症候群

誠に申し訳ありません。

文フリ参加してからというもの、若干燃え尽き気味です。

 

でもねでもね、

真っ白じゃないんですよ。

どこか、ぶすぶす燻った感じなんですよ。

 

そこがもやもやして苛立たしい。

 

ネタは挙がってるんです。

書け、って話なんです。

 

誰か、尻を叩いてくれ。

 

【お知らせ】暫しお休みします

 いつもこのカストリ話をご贔屓にしていただき、ありがとうございます。

 

 この度、身の程知らずにも、文学フリマに出展する運びとなりました。

 

 元来私は、あちらもこちらも、などと器用に渡っていけるものでもなく。暫しそちらに注力をさせていただきたく、5月一杯を目処に更新をお休みさせていただきたく存じます。

 

 ご贔屓の皆様には大変ご迷惑をおかけ致します。ただでさえ少ない更新を休もうなどとはどういう了見だ、とのお叱りの声ごもっともでございます。

 一度夢を見て、徹底的にこっぴどい目を見てかえって参ります故、どうぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 末筆ながら。

 文学フリマでは

「カストリ屋」

 の屋号で参加をさせていただこうかと思います。

 

ふっとさん

百眼