読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

扉、真理

 隣人が壁を何度も叩いているのは、さっきからわかっている。でも、その叩く音が状況を悪化させていることを、彼(彼女?)は理解をしていない。その叩く音が、奴らを呼び寄せる一助となっているのを全くわかっちゃいないんだ。奴らを退ければ、僕はこの世界の智慧を手に入れることができるというのに!

 

 一時間ほど前から、壁のシミが何かの意思を持ったかのように動き出した。一時期流行った立体視のように、シミの所だけが不自然に浮き上がっていた。絡み合った紐状のものが、右回転、或いは左回転を繰り返しているように見えた。この時に僕は悟った。これは何かの啓示なんだと。何かの窓が開く、その前兆なのだと。それを受け入れるのが僕の運命なのだ。

 しかし、それを邪魔するように、壁一面に文字が浮かんだ。何が書いてあるか読み解こうとしたが、一部の文字は崩れ、一部の文字はニキシー管のそれのように変わり続け、残りは、といえば既にゲシュタルト崩壊を起こして文字としての認識が出来なくなっていた。何か呼びかけているような気もしたが、それすら、言語として認識をすることができず、音の連なりとしか理解できなくなっていた。

 僕は、これは奴らの妨害なんだ、と直感した。奴らがこの場に顕現してしまったら、心理の窓は二度と開かなくなる! 抵抗するんだ、抵抗の意思を示すんだ! 力の限りに叫べ!

 

 真理の窓は周世に僕のものだ、邪魔はさせない!
 真理を恐れるものよ、立ち去れ!
 立ち去れ!
 立ち去れ!

 

 部屋のドアノブを、ガチャガチャと回す音が響く。ついに奴らが来た! 邪魔はさせない! 
 果物ナイフを手に取って鞘を払い(これが一番鋭利だ)、入り口のシリンダー錠を開放した。そして戸が開くと同時に相手に深々と突き刺す。……隣人だ。いや、隣人の姿をした奴らだ、その証拠に見ろ! この瞳を見るんだ!

 

 瞳が、山羊の瞳のように縦に二つ。奴らじゃない、奴らじゃなかった! 僕は、自ら真理の扉を閉ざしてしまった!



nina_three_word.

Including
〈 ドアノブ 〉
〈 隣 〉
ゲシュタルト崩壊
〈 山羊 〉