読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生け花

「旦那様。何をしてらっしゃるんですか」
「ああ、番頭さんかい。今日は花を生けようかと思ってね」
「花、ですか」
「そう、花。一輪挿しなんか風流でいいねぇ」
「さようですな」
「一輪挿しはね、淡い色の花ももちろんいいけどね、濃い、はっきりとした原色なんかも乙なもんだよ。ほらこの赤のカーネーションなんかどうだね」
「へぇ、素敵なもんですね。旦那様を見直しました」
「今までどんな目で見てたんだね」
「こんな目でございます」
「なんだね、目を思いっきり横に引っ張って。相変わらずあたしのことを馬鹿にしてるね」
「それはそうと、花瓶じゃないんですね」
「うん、壁に自動小銃を掛けてね。その銃口に生けてみた」
「なんでまたそんな頓狂なことを」
「あたしなりのメッセージ、ってやつかね」
「戦争反対、とかですか」
「おや、よくわかったね」
「分り易すぎます」
「そうかい?」
「そこが旦那様らしくて良いかと存じます」
「褒めても小遣いは出ないよ」
「承知しております。ところで、この銃についてるワニ口クリップは何です?」
「ああこれね。ここに押し花を挟んでね、見に来た人が持って帰れるようにね」
「旦那様、熱か何かおありで?」
「あたしはいたって正常ですよ」
「雨でも降りませんかねぇ。小僧たちに貸し傘の用意をさせないと」
「今日は何を言われてもそんなに腹も立ちませんよ」
「よい心がけでございます」
「今日も一日、」
「よい一日でしたな、旦那様」



お題:「クリップ」「戦争」「花」

https://3dai-yokai.tumblr.com/first